ドクターコラム

入れ歯の手入れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本院の朝田です。

みなさんは、入れ歯のお手入れをされていますか?

手入れが正しくできていないと、入れ歯についた菌がお口の中で炎症を引き起こしたり、菌が間違って肺に入り肺炎(誤嚥性肺炎)の引き金になることがあります。

今回は、入れ歯のお手入れについてお話ししたいと思います。

入れ歯の汚れが付きやすい場所

総入れ歯

総入れ歯は、入れ歯の内側のくぼみや、歯と歯の間に汚れが付着しやすいです。

部分入れ歯

部分入れ歯では、入れ歯を固定するための金属製のバネに汚れが付着しやすいため、丁寧に入れ歯ブラシを用いて洗いましょう。

入れ歯洗浄の注意点

歯磨き粉は使わない

歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、使用すると入れ歯に傷がつきやすくなります。
何もつけずに入れ歯ブラシで磨き、寝る前には入れ歯専用の洗浄剤に浸けて保管しましょう。

入れ歯は外して磨きましょう

入れ歯をはめていると、入れ歯と歯ぐきの間にも食べかすが入り込みます。
食後は、入れ歯を外してうがいをしましょう。
また、入れ歯が粘膜に接している義歯床内面部分の汚れもしっかり落としましょう。

熱湯を使用しない

ぬるま湯程度であれば問題ありませんが、熱湯に入れ歯を浸けるとプラスチックが変形して、入れ歯が合わなくなりますので注意しましょう。

水を張った洗面器の上で磨きましょう

洗面所で入れ歯を洗浄する時には、水を張った洗面器の上で洗浄しましょう。 入れ歯洗浄中の落下による破損を防ぎます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本院・第二診療所ともに診療のご予約をwebより受け付けております。

お急ぎの場合は、直接お電話をお願いいたします。
(本院:06-6334-5580)(第二診療所:06-6331-0158)

Webからの予約